FC2ブログ

痴虫

先日、名古屋ダイヤモンドホールで開催された

アンティークタックル&ビルダーズショー

この人が「安藤さん!ルアー作ってきましたよ~!」と

ルアーの入った箱を持ってきました。

痴虫さんと

赤白帽をかぶった変なお兄ちゃんは

痴虫の松本さんです。


Basserに連載している人ですよ。

痴虫の連載

トップウォーターを作るビルダーです。


そのルアーは

給食のパンを入れるような箱に入っていました。

痴虫の琵琶湖ジーニアス

名前は琵琶湖ジーニアスといいます。

カラー名は、湯上りバッタマンです。


痴虫のジーニアスを琵琶湖の対デカバス用にアレンジしたモデルです。

琵琶湖ジーニアス6

当店は、痴虫ルアーの取り扱いはありませんが

前回のアンティークタックル&ビルダーズショー

ジーニアスを見て気に入り

対デカバス用に特別に作ってくださいとお願いをしていました。

それを痴虫の松本さんはちゃんと覚えていてくれて

アンティークタックル&ビルダーズショーに作って持って来てくれました。

松本さん!ありがとうございました!


それでは、琵琶湖ジーニアスを紹介します。

まずは、おしりの部分です。

琵琶湖ジーニアス5

7番の大きなハンマードのウイローリーフが付いていて

広範囲のバスにアピールします。


そしてネームが?

琵琶湖ジーニアス2

バッタマンの顔と痴虫と名前が入り

反対側にはバッタマンと名前が入っています。


琵琶湖ジーニアス

プロペラの付いたラインアイの太さがいいですね~。

琵琶湖ジーニアス

そして、フックのヒートンが抜けないよう

ボディの横側からネジで固定されています。

琵琶湖ジーニアス4

これならヒートンが引っこ抜けることはありませんね。

安藤的には、フックをもっとゴツイのに交換した方が

いいような気がします。

60gを超えるハードウッド製の琵琶湖ジーニアス

デカバスを仕留める可能性を感じました。
2010年12月08日 | 安藤店長の独り言
 | HOME | 

最近の記事

リンク

QRコード

お知らせ

アメブロ

ツイッター

FC2カウンター

月別アーカイブ

RSSリンクの表示