FC2ブログ

スプーンの歴史

スプーンと聞くと普通の人はコレを連想します。

スプーン1

食べ物を食べるときや

かき混ぜたりすくうときに使うスプーンですね。

でも、釣りで使うスプーンの語源はここからきています。

1830年、ジュリオ・T・ビューエルという人物が

湖に落としたスプーンに魚が襲いかかったことにヒントを得て

ウォーブーラースプーンを発明する。

これがスプーンの元祖とされています。


スプーンといえば

主にステンレス製などの金属の塊のため

よく飛びますが沈むのも早いですね。

沈んでくれるスプーン

自分の好きな層を引いてくることができますね。

また、渓流などの流れのあるところも

浮き上がりを抑えてリトリーブできるのが良いです。

しかし、スプーンは表層をゆっくり巻くのには

向いていないですね。



でも、表層をリトリーブできるスプーンも存在します。

金属の中でも軽量なアルミニウムを使ったスプーンです。

アルミン

たとえば、ウォーターランドのアルミんです。

3gクラスのスプーンと同じ大きさですが

1.2gと半分以下の重さです。

スローローリングでも沈みにくい表層用のスプーンです。


こんなスプーンもあります。

カランバ40オパール

透明?

これは、樹脂素材のバスデイ(株)のカランバ40です。

水牛の角にヒントを得たスプーンです。


日本においても1700年前後の時代で

すでに漁に用いられた餌木や角などが存在し

角は、日本固有のルアーの元祖として上げられています。


カランバ40ピュアとの比較です。

カランバ40

5gクラスのスプーンと同じ大きさですが

重さは、半分以下の2.4gです。

スプーンで表層のデッドスローリトリーブが可能です。


今、紹介したアルミんカランバ40

トラウト管理釣り場で使われるスプーンですが

バス用のスプーンもありますよ。

セクシースプーン4インチ

ケビン・バンダム愛用のセクシースプーン4"です。

自重24gです。

これは、表層系のスプーンではなく

フォール&ピックアップなどでバスを誘う

リアクション系のスプーンです。


カランバ40カランバ50をバスの表層狙いで使っても

おもしろいかもしれませんね。


スプーンは、シンプルな形をしていますが

奥が深いルアーだと思います。

歴史を感じますね。
2010年10月14日 | 安藤店長の独り言
 | HOME | 

最近の記事

リンク

QRコード

お知らせ

アメブロ

ツイッター

FC2カウンター

月別アーカイブ

RSSリンクの表示