FC2ブログ

カナデで奏でたい

TURUGIとかKAZUHAというワームを知っていますか?

琵琶湖を中心として各地で活躍しているワームです。

リバティというメーカーが作っています。

リバティのワーム

リバティは

琵琶湖のバス釣り名人の

田井さんが作ったメーカーです。

そのリバティから

ついにバスロッドが2機種リリースされました。

その名もカナデです。

バスが掛かるとロッドが音色を奏でます。

うそです。


1本は、ベイトロッドです。

カナデLKC-72MH・RFです。

カナデMバーサタイル

ルアーウエイトが1/4oz~3/4oz、ラインが10Lb~20Lbの

7フィート2インチのグリップが着脱できるロッドです。

ミドルウエイトのバーサタイルベイトロッドです。


プロトモデルでは

12月~2月の冬の浜大津でのオカッパリの釣りで

数々のデカバスを仕留めました。

ワーミングバイブレーション

写真のように水中で立ち姿勢になる

ブザービーターやTNシリーズなどのバイブレーションを使い

立ち姿勢のままボトムをズルズルと引いて来るような釣りに

最適なロッドです。

田井さんは、ワーミングバイブレーションと言ってました。

ノリも良く、トルクもあるので操作性も抜群です。

ゴールデンウィークでは、ヘビダンで活躍したそうです。



もう1本は、スピニングロッド

カナデLKS-68Lです。

カナデジグヘッドSP

ルアーウエイトが1/32oz~1/4oz、ラインが4Lb~8Lbの

6フィート8インチのスピニングロッドです。

琵琶湖のウイードを意識した

ジグヘッドのスペシャルスピニングロッドです。

ウイードに絡めて切るという動作をストレスなく行えるロッド設計です。

フィネスとパワーを両立させたブランクには

琵琶湖で必要不可欠なスペックが詰まっています。


リールシートは富士工業(株)製です。

ナナデのグリップ

ベイトロッドがACS17を

スピニングロッドが16IPSを使用。

カナデは、良質なパーツを使い

原料などの高騰もあり

当初の予定価格よりも少し高くなってしまいました。

最終的に税込み定価52,500円となりました。

田井さん

この価格に見合った出来のロッドになったと自信満々でした。


みなさんがご存知の

琵琶湖プロガイドの佐藤順一さんカナデを使っています。

早速、結果も出ているようです。

佐藤順一さんのオフィシャルブログもチェックしてみてください。
http://www.j-sato.com/blog/

▼リバティカナデはショッピングにもアップしました。
http://lureshopandou.cart.fc2.com/?ca=226


麺とスープにこだわった、あっさり豚骨の…

あっ!違った。

素材とアクション、パワーにこだわった

田井さんカナデを宜しくお願いします。

カナデでデカバス釣って

お祝いのメロディを奏でたい
2010年06月03日 | 安藤店長の独り言
 | HOME | 

最近の記事

リンク

QRコード

お知らせ

アメブロ

ツイッター

FC2カウンター

月別アーカイブ

RSSリンクの表示