fc2ブログ

希少なコーヒーと豚

今年の初めに

多治見のピアゴにある小川珈琲へ行きました。

テーブルに超豪華なメニューがのっていました。

パナマエスメラルダ1

数量限定のパナマエスメラルダ

焼菓子付で1,000円です。

どうして高価なのか説明を読んでみました。

2009年5月に開催されたコーヒーの品評会

ベスト・オブ・パナマ2009のオークションにおいて1位を受賞した

パナマエスメラルダを単独落札、希少なコーヒーです。

と書かれていました。


「お正月だから!」と思い切って注文しました。

パナマエスメラルダ2

エスメラルダ農園という

パナマ西部の標高1000m~1500mの山々に囲まれた場所で

栽培されたコーヒーです。

パナマエスメラルダ3

ジャスミンのような華やかな香り

新鮮なブドウのような甘さ、なめらかな口あたりを活かした

個性的な華やかな香りと

後口に広がる濃厚な甘さが特徴のコーヒーです。

高いだけあって、おいしかったです。

ちょっと贅沢しました。


希少といえば、これです。

BITON.jpg

クレイジーバスハンターMr.ゴーさん

作ってもらっている美豚(ヴィトン?)です。

国産の黒豚を使用した激ヤバのポークです。

当初は、1,000円ぐらいでいけると思っていましたが

容器とか保存液代をプラスすると1匹1,600円ぐらいになりそうです。

いい素材で作る、手間がかかる商品のため申し訳ありません。

安藤的には1,600円なら安いと思いますが

みなさんは、いかがでしょうか?



どれだけ作れるのか分かりませんが

1度目の生産分は、予約で完売っぽい感じになってきました。

ありがとうございます。


世の中に出回るとヤバそうな美豚ポークですが

呉さん頑張って作ってくださいね。

たのんまっせ~!

呉さんは、一生懸命!作ってますよ!
http://ameblo.jp/go-jb/
2010年01月17日 | 安藤店長の独り言
 | HOME | 

最近の記事

リンク

QRコード

お知らせ

アメブロ

ツイッター

FC2カウンター

月別アーカイブ

RSSリンクの表示