FC2ブログ

歴史のあるバグリーのルアー

50年以上の歴史があるバグリーのルアー。
そんなバグリーの歴史を感じることができる
「クラシックウイナー・コレクターズエディション」セットです。
バグリー・クラシックウイナー
このセットは
創設者ジム・バグリー氏のアメリカバスフィッシングの殿堂入りを記念し
クラシックのウイニングルアーとなった4つのバグリールアーです。
1974年にトミー・マーチンがバルサB3のパール・ブラックバックで優勝。
1976年にリック・クランがハニーBのテネシーシャッドで優勝。
2000年にウー・デイビスがダイビング・キラーB2のホットタイガーで優勝。
そして、2004年にバルサB2のチャート・ブラックバックが
4度目のクラシックウイニングルアーに輝きました。

「アニバーサリー50thリミテッドエディション」です。
50thバグリーディスプレー
バルサB4に、50周年記念ゴールドプレートが付いてる
ディスプレイです。
木箱に入っています。

ルアーのお腹に、シリアルナンバーの入った限定商品です。
ジム・バグリーのサイン
なんと、ジム・バグリー氏のサイン入りです。
コレクターズアイテムですね。

ちょっと前に、問屋さんの倉庫から
ホコリをかぶったバグリーのルアーを少しだけ発見しました。
残念ながらクランクベイトではありませんが
これです。
バグリー古いルアー
古い箱に入っていました。
パッケージも、なつかしいでしょ。

「シャッド・ア・ラック」です。
シャッド・ア・ラック
バグリーなのに、プラスチック製のラトル入りバイブレーションです。
カラーは、バグリーらしいSH4です。

「フィンガーマレット」です。
フィンガーマレット
スタンディングと書いてあるシールが貼ってあります。
ハードウッド製の直立浮きのペンシルなんでしょうか?

2002年のオフトのカタログを見ても載っていませんでした。
もっと古いルアーだと思います。
カラー名も、よく分らないですが
とりあえず「ショッピング~」にアップしました。
少量なので、お早めに…。

お店のバグリーのルアーのコーナーです。
バグリーコーナー
バグリーのルアーは
アメリカンルアーにしては、きれい塗られていると思います。
バルサで出来てるのに
価格は平均して1,500円ぐらいです。
この出来なら安いと思います。

バグリーのルアーは、アメリカでは人気のようです。
でも日本では、リアルなカラーのルアーの方が人気ですね。

私は、リアルでないアメリカンルアーも
歴史を感じて、いいと思います。
そう思いませんか。
2009年07月20日 | 安藤店長の独り言
 | HOME | 

最近の記事

リンク

QRコード

お知らせ

アメブロ

ツイッター

FC2カウンター

月別アーカイブ

RSSリンクの表示